事故後の対応について

| 未分類 |

gf0640255783l

 

交通事故に遭ったら、事故後の対応としては加害者であれ、被害者であれ、負傷者の確認と、救助を第一に考えるべきです。

 
事故直後は、動揺しており、自分は被害者であると思っていても、相手も被害者だと思っており、気の弱い人だと相手の剣幕に押されてしまいます。
負傷者の確認と救助が終れば、警察を呼ぶことです。

 
それまでは、冷静になって相手の態度に感情を動かされないことです。
交通事故の対応としては、[謝ったら負けだからと、決して謝るな]という言葉を聞きます。

 
しかし、相手の体を気にすることは、決して謝ったということでもないのです。
警察が来れば、現場検証を行います。

 
加害者側の立場でも、被害者側の立場でも、絶対にやってはいけないことは、金銭の受け渡しや、示談や約束、念書を書くこと等は絶対にやってはいけない行為で、警察に連絡しない行為は、道路交通法違反となるばかりでなく、後々事故証明書が受け取れないことになり、保険金請求が出来ないことになります。

 
加害者が、任意保険に加入をしている場合は、相手の保険会社より賠償金の提示があります。
その賠償金は、裁判等で認めれれる金額より低額の場合が多く、又早めに治療を打ち切る方向や、示談交渉を求めに来ます。
後遺障害は再発する可能性が多く、簡単に応じないことです。

 
治療が長引きそうであったり、示談交渉を求めてくる場合は、弁護士に早めに相談することをお勧めします。