証拠の保管について

| 未分類 |

もしも交通事故に遭ったならば、先ずはできる限りの証拠保全が必要です。事故の相手側と言い分が食い違うような場合には、必ず役に立ちます。交通事故は、一般的には保険会社を含めた示談交渉で解決することが多く、裁判にまで発展することは少ないのですが、示談交渉では加害者側、被害者側ともに自分の主観が入った意見で交渉に臨むことが多いため、物証がなければ平行線になってしまうことも多いからです。

 
そのためには、先ずは事故現場であらゆる痕跡の写真を撮影しておくことです。そこで、自動車にはコンパクトタイプでよいのでデジカメを搭載しておくことをお勧めします。そして、そのデジカメで、路面に遺されたタイヤ痕や散乱物、それに事故現場全体の状況など、あらゆる角度から何枚も写真を撮影しておくことです。また、ドライブレコーダーを搭載している際には、その画像は大切に保管しておきましょう。

 
次に、自分が被害者となった場合には、事故に遭った自動車や、事故の際に身につけていた衣類などは、その事故が解決して、保険金が下りるまでは大切に保管しておくことです。現代の科学捜査では、衣類に残った僅かな痕跡からでも、事故に関する証言を裏付けたり、覆したりすることができます。
また、事故が起こったらすぐに近くの人に目撃証言者になってもらえるように依頼しておくことも大切です。