加害者の状況確認

| 未分類 |

gf0240039759l

 

交通事故の当事者になった場合で被害に遭った場合には確認するべきことが多数あります。相手が自動車などでその場から立ち去るなど逃げていれば、その自動車の登録番号つまりナンバープレートを覚えておくことが重要です。この場合とっさのことになりますから、最低でも下4桁と車種と色ぐらいを覚えておくと、その後の警察への申告でも警察側が動くのに楽になると想定されます。

 
このようなケースはまれでしょうが、その場で待っている間にも確認することがあります。運転免許証の確認をして、住所と名前の確認を行うことが重要です。警察が来るまでにこうした一定のことはしておいた方が後々楽になります。

 
連絡先も聞き出しておく方が無難です。警察を通じて聞くこともできますが、警察側から直接本人に聞いてほしいと言われる可能性もあり、警察が来るまでに確認ができていれば、そのことも合わせて警察に伝達することができます。

 
なお、現場現象では、加害者側と被害者側とにそれぞれ警察官が事情を聴くようになります。その時の状況についてとっさのことで説明の仕方や伝達の仕方が難しい場合もありますが、聞かれたことなどはできるだけ正確に伝達することが重要になります。