示談交渉とは

| 未分類 |

gf0640255792l

 

示談交渉とは、事故の加害者と被害者が交渉して賠償額などの詳細を決めることを言います。よくやってしまう過ちがその現場でこの交渉をしてしまうことです。ここでいったん口約束でも決定してしまうと、その後保険会社などが交渉しようとしてもすでに話が済んでいるとしてけんもほろろに扱われる可能性があります。

 
そのため、交通事故を起こした側は当然ながら被害者に謝罪するのは当然ですが、賠償云々の示談については保険会社が正式な代理人として話をするので、それについてはまた後日まで待ってほしいと突っぱねることが大切です。

 
突っぱねると言ってもあくまで物腰は柔らかく真摯に謝罪はする必要があります。しかしながら、それ以上についてはいくらの賠償額などといった話にはその場で応じる義務などはありません。保険会社から連絡が行くので待ってほしいと伝えるだけで十分です。

 
その後、保険会社に連絡をすることになりますが、様々な対応を依頼してきます。事故ですから警察には必ず連絡を入れているでしょうから、警察署での事故証明を取るように言われることもあります。また、被害者への謝罪に直接出向いて話をする必要もあります。こうした対応によって示談がうまくいくかどうか話が変わってくることもあるので、注意が必要です。