保険会社へ連絡

| 未分類 |

交通事故に遭った場合、まずは加害者側が警察へ連絡をするなどの対応が必要となりますが、それ以前にけがなどをしていれば救急搬送で病院へ行くことも考えられます。意識がない場合はその意識が戻らないとどうにもなりませんが、意識がある場合は、加害者側と話をすることになります。

 
この際、一般的には示談をその場ですることにはならずに、警察を呼んで現場検証などをしてもらってその後、警察署で正式な事故現場の証明をとることになります。

 
保険会社からはその前後に連絡をとってくることになりますが、賠償金などは過失割合によっても変わってきます。交通法令に違反していればその分違反した側が重くなりますし、違反していなくても一般的には自転車や歩行者と自動車との接触事故の場合は、自動車側が過失割合が重くなるのが一般的です。

 
いずれにしても警察によってその事故の詳細な報告書が作成されているので、それを基に賠償金の支払いなどが提示されてきます。通院にかかる費用であったり、あるいは仕事を休まざるを得ない場合の休業に対する補償であったり、純粋な謝罪分としての賠償であったり、そうしたものから賠償額が決定されますので、そういった説明がなされて納得が行けば正式に示談決定として話は終了となります。