» 未分類のブログ記事

示談交渉とは

| 未分類 |

gf0640255792l

 

示談交渉とは、事故の加害者と被害者が交渉して賠償額などの詳細を決めることを言います。よくやってしまう過ちがその現場でこの交渉をしてしまうことです。ここでいったん口約束でも決定してしまうと、その後保険会社などが交渉しようとしてもすでに話が済んでいるとしてけんもほろろに扱われる可能性があります。

 
そのため、交通事故を起こした側は当然ながら被害者に謝罪するのは当然ですが、賠償云々の示談については保険会社が正式な代理人として話をするので、それについてはまた後日まで待ってほしいと突っぱねることが大切です。

 
突っぱねると言ってもあくまで物腰は柔らかく真摯に謝罪はする必要があります。しかしながら、それ以上についてはいくらの賠償額などといった話にはその場で応じる義務などはありません。保険会社から連絡が行くので待ってほしいと伝えるだけで十分です。

 
その後、保険会社に連絡をすることになりますが、様々な対応を依頼してきます。事故ですから警察には必ず連絡を入れているでしょうから、警察署での事故証明を取るように言われることもあります。また、被害者への謝罪に直接出向いて話をする必要もあります。こうした対応によって示談がうまくいくかどうか話が変わってくることもあるので、注意が必要です。

証拠の保管について

| 未分類 |

もしも交通事故に遭ったならば、先ずはできる限りの証拠保全が必要です。事故の相手側と言い分が食い違うような場合には、必ず役に立ちます。交通事故は、一般的には保険会社を含めた示談交渉で解決することが多く、裁判にまで発展することは少ないのですが、示談交渉では加害者側、被害者側ともに自分の主観が入った意見で交渉に臨むことが多いため、物証がなければ平行線になってしまうことも多いからです。

 
そのためには、先ずは事故現場であらゆる痕跡の写真を撮影しておくことです。そこで、自動車にはコンパクトタイプでよいのでデジカメを搭載しておくことをお勧めします。そして、そのデジカメで、路面に遺されたタイヤ痕や散乱物、それに事故現場全体の状況など、あらゆる角度から何枚も写真を撮影しておくことです。また、ドライブレコーダーを搭載している際には、その画像は大切に保管しておきましょう。

 
次に、自分が被害者となった場合には、事故に遭った自動車や、事故の際に身につけていた衣類などは、その事故が解決して、保険金が下りるまでは大切に保管しておくことです。現代の科学捜査では、衣類に残った僅かな痕跡からでも、事故に関する証言を裏付けたり、覆したりすることができます。
また、事故が起こったらすぐに近くの人に目撃証言者になってもらえるように依頼しておくことも大切です。

事故後の対応について

| 未分類 |

gf0640255783l

 

交通事故に遭ったら、事故後の対応としては加害者であれ、被害者であれ、負傷者の確認と、救助を第一に考えるべきです。

 
事故直後は、動揺しており、自分は被害者であると思っていても、相手も被害者だと思っており、気の弱い人だと相手の剣幕に押されてしまいます。
負傷者の確認と救助が終れば、警察を呼ぶことです。

 
それまでは、冷静になって相手の態度に感情を動かされないことです。
交通事故の対応としては、[謝ったら負けだからと、決して謝るな]という言葉を聞きます。

 
しかし、相手の体を気にすることは、決して謝ったということでもないのです。
警察が来れば、現場検証を行います。

 
加害者側の立場でも、被害者側の立場でも、絶対にやってはいけないことは、金銭の受け渡しや、示談や約束、念書を書くこと等は絶対にやってはいけない行為で、警察に連絡しない行為は、道路交通法違反となるばかりでなく、後々事故証明書が受け取れないことになり、保険金請求が出来ないことになります。

 
加害者が、任意保険に加入をしている場合は、相手の保険会社より賠償金の提示があります。
その賠償金は、裁判等で認めれれる金額より低額の場合が多く、又早めに治療を打ち切る方向や、示談交渉を求めに来ます。
後遺障害は再発する可能性が多く、簡単に応じないことです。

 
治療が長引きそうであったり、示談交渉を求めてくる場合は、弁護士に早めに相談することをお勧めします。

 

事故現場の確認!

| 未分類 |

gf0640065860l

 

自動車というのは便利なものなのですが、怖いのが事故です。事故にあってしまうと、それによってけがをしてしまったりする可能性もありますし、また車の修理費などによって経済的な負担を覚えてしまうというような可能性もありますので、事故には十分に注意をして車を走らせるようにしなければならないのです。
しかし、いくら自分が気を付けていたとしても事故の被害者になってしまうというようなこともありますので、そうした時の対応というのをきちんと知っておく必要があるのです。

 
まず自分が事故の被害者になったというようなときにはまずは事故現場の確認を行うようにするのを忘れないようにしましょう。

 
たとえば、相手が一旦停止の標識を無視していないかというようなそう言う、相手側の赤質がどれぐらいになるのかと異様なことを確認によって、知ることができるのです。

 
そうしたことを事前にきちんと調べておくことによって、後々の交渉の時にトラブルになるということをs変えることができるようになるのです。
ですから、そうしたことを忘れないようしておくことが後々のためになるのです。

 
事故の被害者になってしまったときにはそうした冷静さを失わないようにして行動をするということが最適なわけです。

保険会社へ連絡

| 未分類 |

交通事故に遭った場合、まずは加害者側が警察へ連絡をするなどの対応が必要となりますが、それ以前にけがなどをしていれば救急搬送で病院へ行くことも考えられます。意識がない場合はその意識が戻らないとどうにもなりませんが、意識がある場合は、加害者側と話をすることになります。

 
この際、一般的には示談をその場ですることにはならずに、警察を呼んで現場検証などをしてもらってその後、警察署で正式な事故現場の証明をとることになります。

 
保険会社からはその前後に連絡をとってくることになりますが、賠償金などは過失割合によっても変わってきます。交通法令に違反していればその分違反した側が重くなりますし、違反していなくても一般的には自転車や歩行者と自動車との接触事故の場合は、自動車側が過失割合が重くなるのが一般的です。

 
いずれにしても警察によってその事故の詳細な報告書が作成されているので、それを基に賠償金の支払いなどが提示されてきます。通院にかかる費用であったり、あるいは仕事を休まざるを得ない場合の休業に対する補償であったり、純粋な謝罪分としての賠償であったり、そうしたものから賠償額が決定されますので、そういった説明がなされて納得が行けば正式に示談決定として話は終了となります。

加害者の状況確認

| 未分類 |

gf0240039759l

 

交通事故の当事者になった場合で被害に遭った場合には確認するべきことが多数あります。相手が自動車などでその場から立ち去るなど逃げていれば、その自動車の登録番号つまりナンバープレートを覚えておくことが重要です。この場合とっさのことになりますから、最低でも下4桁と車種と色ぐらいを覚えておくと、その後の警察への申告でも警察側が動くのに楽になると想定されます。

 
このようなケースはまれでしょうが、その場で待っている間にも確認することがあります。運転免許証の確認をして、住所と名前の確認を行うことが重要です。警察が来るまでにこうした一定のことはしておいた方が後々楽になります。

 
連絡先も聞き出しておく方が無難です。警察を通じて聞くこともできますが、警察側から直接本人に聞いてほしいと言われる可能性もあり、警察が来るまでに確認ができていれば、そのことも合わせて警察に伝達することができます。

 
なお、現場現象では、加害者側と被害者側とにそれぞれ警察官が事情を聴くようになります。その時の状況についてとっさのことで説明の仕方や伝達の仕方が難しい場合もありますが、聞かれたことなどはできるだけ正確に伝達することが重要になります。

警察に連絡

| 未分類 |

交通事故を起こした場合、もしくは交通事故に巻き込まれた場合、被害に遭った場合には警察に事故証明書を申請する必要があります。

 

文面にはいくつかの記載事項があります。まず甲乙それぞれの氏名や住所などを記載します。通常は甲が加害者、乙が被害者です。その他、事故類型(人対車両or車両相互or車両単独or踏切)などを記入します。申請できる人は、加害者、被害者をはじめ、証明書の交付を受けることによって正当な利益がある人です。例えば、損害賠償請求権のある親族や保険の受取人などです。注意事項として、人身事故については、事故発生から5年、物件事故の場合は事故発生から3年経過したものについては原則交付不可能となります。申請の仕方については、郵便振替による申し込み、直接窓口への申し込み、サイトからの申し込みがあります。

 
それでは事故証明書は何のために必要なのでしょうか。交通事故に伴う損害賠償事案、保険会社による保険料配分、裁判などで必要な書類となります。例えば、車両相互の事案で、加害者と被害者の明確な区別が付けにくい場合などは、甲乙のどちらに記載したかが結構重要なポイントになってきます。それではちょっとした車両単独の物損事については申請する必要があるのでしょうか。これは各人の判断に委ねられます。任意保険で保険料を請求できると判断した場合は、申請した方がいいケースがあります。

救急車の手配について

| 未分類 |

4967935

 

運悪く交通事故の被害者となった場合、基本的に加害者側が様々な手配をしなければいけません。

 
しかし、急な事故で加害者が動揺をしていて頼りにならない時には、可能であれば被害者が自分で必要な手配をすることが大切です。事故直後の処理をきちんと行わなければ、その後の対応がスムーズに進まなくなるからです。
事故には自動車対自動車や人対自動車というように様々な形がありますが、この時に被害者側が怪我をしているのであれば必要なのは救急車の手配といえるでしょう。

 
怪我が大したことのないかすり傷程度だった場合、手配が必要かどうか判断が難しいかもしれませんが、出来れば事故現場から病院へ搬送してもらうようにした方がよいでしょう。

 
なぜなら、事故の直後は精神的なショックから体や脳が普段よりも興奮していて、あまり痛みを感じない状態となっていることが多く、このような場合、後から次第に痛みが出てくる可能性が高いからです。

 
また見た目的になんともなくても、脳など目に見えない部分で出血が起きているということも十分にあり得ます。
病院に搬送してもらい、結果的にただのかすり傷だったのならば安心も出来ますし、その後なにか問題がおきたとしても対応をしてもらえるはずです。

 

現場での対応

| 未分類 |

事故で、いざ当事者になって急いで対応することは難しいです。

というか無理です。

なぜなら気が動転して全く冷静な対処ができないからです。

 

こうした混乱した状況のなかで正確な行動をする。

一刻を争う場面で。

不可能です。

 

つまりその場ではなく事前に対策を整えておくことが必要であります。

今いる地点をある程度把握しておいて、救急車や警察を呼びやすくする。

 

救急道具を用意しておく。あらかじめ緊急の行動や注意点をまとめておくなどです。

 

災害と同じでこういった場合は初期動作の速さがのちの被害を食い止める要素となっています。

 

また、自分が被害をうけた場所が人の数が多い場合、すぐに周りに助けを求めましょう。

 

先ほど言った通り、事故の当事者というのは加害者であれ被害者であれ気が動転しているものです。

冷静になんてなれません。

そのまま暴力事件や二次被害を食い止めるためにも、第三者の目を入れる必要があるのです。

もし周りに人がいない場合は、安全な場所に移動できる余裕があるのなら、すぐに移動し、現場の保全に努めましょう。

第三者の目がない以上、のちの事故の客観的な証拠を失わないためにも余計な手を入れずにまるごと、その場所を守る必要があるのです。